燃え尽き症候群(バーンアウト症候群)|しんせい心のクリニック門前仲町 不眠・眠れない 気分が落ち込む やる気が起きない 不安|茅場町 月島 清澄白河 日本橋からも好アクセス|女医の診察あり

心療内科・精神科 しんせい心のクリニック門前仲町|不眠・眠れない 気分が落ち込む やる気が起きない 不安|門前仲町 茅場町 月島 清澄白河 日本橋からも好アクセス|女医の診察あり

電話番号:03-5875-8213

燃え尽き症候群(バーンアウト症候群)について

燃え尽き症候群(バーンアウト症候群)とは、それまでモチベーションを高く保っていた人が、突然やる気を失ってしまう症状です。努力に見合った結果が出なかった場合や、逆に大きな目標を達成したことで打ち込めるものがなくなり、何もやる気が起きなくなってしまう場合もあります。医学的には、うつ病の一種とされています。

燃え尽き症候群(バーンアウト症候群)の症状

燃え尽き症候群(バーンアウト症候群)には、以下のような症状が現れます。
周りの方で、急な変化が見られた場合、燃え尽き症候群(バーンアウト症候群)の可能性があります。

燃え尽き症候群(バーンアウト症候群)の原因

燃え尽き症候群の原因は、一つのことに集中して頑張りすぎることが挙げられます。
頑張ることそのものは、成長する上で非常に大切なことですが、自分の限界を超えて無理に頑張りすぎてしまうと心が折れてしまいます。

努力に見合った結果が得られなかった場合には、さらに頑張るのではなく適度な息抜きを入れることを心がけましょう。

燃え尽き症候群(バーンアウト症候群)の予防

まずはストレスを溜めないために適度に息抜きをすることが大切です。
燃え尽き症候群になりやすい人は、自分に対してストイックな方が多いため頑張り続ける方が多いですが、適度な休息を取ることも目標達成に必要なプロセスであることを意識しましょう。

ストレス解消には、趣味を持ったり友人との会話、バランスの取れた食事、適度な運動なども挙げられますが、まずは充分な睡眠を取るようにしましょう。睡眠は身体・精神両面の回復にとても重要です。

睡眠が慢性的に不足してしまうと、うつ病をはじめとする精神疾病や、不眠症などの発症につながってしまう場合もあります。

問診票ダウンロード   スタッフ募集

このページの先頭に戻る